大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2014年9月号 No.288
調査レポート
大分県内の設備投資動向調査(2014年度)

2014年度の設備投資計画額は、前年度比3.7%増

●設備投資計画額は1,137億円、製造業が大幅に増加
●設備投資計画企業の割合は60.2%、前年比5.7ポイント低下

1.2014年度(5月31日現在で調査)における全産業の設備投資計画のある企業の割合は60.2%と、前年度比5.7ポイント低下した。業種別にみると、製造業が66.4%、非製造業が57.1%であった。

2.設備投資を計画している理由をみると、「設備更新」が最も多く、「コストダウン・合理化に対応」「技術革新・品質向上に対応」と続いた。

3.14年度の設備投資計画額は13年度実績比3.7%増の1,137億円となる見通しである。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.