大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2014年11月号 No.290
調査レポート
インターネットショッピングに関するアンケート調査
~7割が利用経験あり、年間利用額は1万円から3万円が3割超~

はじめに

小売業の実店舗における売上が伸び悩むなか、インターネットを介した取引は年々拡大を続けている。経 済産業省が発表した「電子商取引に関する実態調査」によると、平成20年に6.8兆円であった国内消費者向け電子商取引市場は、平成25年には11.2兆円と、約1.8倍に拡大している。
こうしたなか、当研究所ではネットショッピングによる商品・サービスの購買について、県内の消費者の意識を把握するため、大分銀行各支店窓口に来店されたお客様にご協力いただき、「インターネットショッピングに関するアンケート調査」を実施した。以下では、その結果についてレポートする。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.