大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2015年7月号 No.298
調査レポート
2015年新入社員意識アンケート調査
~就職活動を取巻く環境は徐々に改善、会社のトップを目指す新入社員が増加~

はじめに

今年の新入社員が就職活動を行った2014年度は、企業業績の回復を反映し、新卒の採用も活発化する傾向にあった。厚生労働省と文部科学省が行った大学等卒業者の就職状況調査(2015年4月1日時点)における大学卒業者の就職率は96.7%で、大学生の就職活動期間が短縮され現行制度となった2012年度の93.9%、2013年度の94.4%から上昇している。大学卒業者の就職率は2010年度の91.0%を底に回復しており、リーマンショック前の水準(2007年度、96.9%)に近づいている。
こうした中、当研究所では、社会人の仲間入りをした県内の新入社員を対象に、就職活動の動向や県内企業に就職を決めた理由、仕事に対する意識等を調査した。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.