大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2015年10月号 No.301
調査レポート
県内人材派遣業界の動向

はじめに

2015年9月11日、改正労働者派遣法が衆院本会議で可決、成立した。今回の法改正により、人材派遣会社や派遣先企業、派遣労働者は大きな影響を受けることが予想される。 人材派遣業界に対する一般的なイメージは、リーマンショック後の景気後退時における「派遣切り」の社会問題化や、「ワーキングプア」、「ネットカフェ難民」などの言葉に象徴されるように、マイナスのイメージも少なくない。一方で厚生労働省の発表では、「労働者派遣事業にかかる売上高」は2013年度で5兆1,042億円、常用換算の派遣労働者数は2014年6月1日時点で125万6千人となるなど、企業活動を行ううえで人材派遣は欠かせない存在となっている。 本稿では、県内労働者派遣業界の現状と法改正による影響、今後の方向性についてレポートする。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.