大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2016年7月号 No.310
調査レポート
県内の自動車部品製造業の現状と今後の方向性

はじめに

  国内の自動車製造業の出荷額は全産業の約2割(52兆円)、関連製造業及び関連サービス業を含む自動車産業の就業人口は全体の約1割(550万人)を占めるなど、自動車産業の裾野は広く、同産業は国内経済を牽引する一大産業である。自動車産業は、海外生産の拡大や部品の共通化、サプライチェーンのグローバル化、次世代自動車の導入、安全分野における新技術開発など、環境変化に直面している。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.