大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2016年12月号 No.315
調査レポート
県内トラック運送業の現状と課題

はじめに

   トラック運送業は、国内物流の基幹的役割を果たしており、経済活動や社会生活を根底で支えている。経済規模や人口の割に国土が狭い日本においては、機敏で利便性の高いトラックに輸送ニーズが集中する傾向にあり、他の物流機関である船舶をはじめ鉄道や航空輸送においても、末端輸送の大半はトラックが担っている。
しかしながら、トラック運送事業者の99%は中小企業が占めており、顧客荷主との取引上の力関係も弱いことから、事業基盤の脆い事業者も少なくない。加えて、規制緩和に伴う競争激化や環境対策などの規制強化、荷主ニーズの高度化・多様化への対応など、経営環境は一層厳しさを増している。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.