大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2017年5月号 No.320
調査レポート
学生の県内就職率の向上に向けて

はじめに

総務省が公表した2015年国勢調査によると、5年前の調査と比べて、39道府県で人口が減少し、東京をはじめとする首都圏等で人口が増加した。
国は「地方創生」を掲げ、地方の人口減少問題に対し様々な対策をすすめているが、地方から首都圏への人口流出は止まらず、人口は大きく減少していることが明らかとなった。特に学生の県外進学や県外就職による若い世代の人口流出が問題となっている。
そこで本調査では、地域経済の長期的な担い手として期待される学生の「県内就職」に焦点をあて、学生・企業の双方へアンケート調査を実施し、課題と今後の方向性を探った。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.