大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2017年9月号 No.324
調査レポート
地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業(大分市)の紹介

はじめに

国では、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」及び「仕事と生活の調和推進のための行動指針」等において、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現(年次有給休暇の取得促進、長 時間労働の抑制)のため、2020年までの数値目標として、年次有給休暇取得率70%、週労働時間60時間以上の雇用者の割合を2008年(10%)の5割減とすることが掲げられており、国をあげてワーク・ライフ・バランス の実現に向け、目標を達成することが求められている。このような中、厚生労働省では2013年度から「地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業」を全国各地で実施している。 当研究所では、昨年度厚生労働省の委託を受け、大分市や関係機関と連携し、「地域の特性を活かした休暇取得促進のための環境整備事業(大分市)」を実施した。本稿では、大分市における同事業のアンケート調査の結果概要から、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた課題とその解決の方向性等を探った。

続きは、冊子 「おおいたの経済と経営」でご覧いただけます。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.