大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2018年6月号 No.333
調査レポート
ラグビーワールドカップ大分開催に関するアンケート調査

はじめに

2019年9月~11月、日本でラグビーワールドカップ(以下、RWC)が開催されるが、大分県は開催地の1つに選ばれ、大分銀行ドームで世界最高峰の試合が行われる。
大分県で世界的なスポーツイベントが開催されるため、県民の関心は非常に高く、大分開催に向けた気運も年々高まってきている。
特に大分開催では他の地方開催地と比べ開催試合数が5試合と多く、また、ニュージーランド、オーストラリアといった強豪国や準々決勝といった好カードの試合が決定しており、全国的な注目度も高まっている。
そこで、当研究所では県内におけるRWC 大分開催に関する意識について把握するため、アンケート調査を実施した。
具体的には県民のラグビーに対する興味・関心や、大分開催の認知度、観戦意向、大分開催が大分県にもたらす効果等について調査した。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.