大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2018年8月号 No.335
調査レポート
県内魚類養殖業の動向

はじめに

魚類養殖業は、冬の海水温が下がりにくい西日本で多く営まれている。
大分県では、主として佐伯市、津久見市、臼杵市など県南地域で「ぶり」や「ひらめ」などの養殖が盛んに行われており、海面養殖業の生産量は全国14位、産出額では全国8位と上位に位置している。
一方で養殖業を取り巻く環境は厳しく、魚類養殖業を営む経営体数は全国、県内ともに大幅に減少している。
本レポートでは、県内の魚類養殖業の動向について紹介する。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.