大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」バックナンバー

「おおいたの経済と経営」バックナンバー

2019年6月号 No.345
調査レポート
大分県内の雇用のミスマッチの現状と解消に向けた取り組みについて

はじめに

有効求人倍率は2008年に起こったリーマンショックの影響で一旦大きく低下したものの、その後は上昇を続け、現在はバブル期を超える水準となっている。
しかし近年の有効求人倍率は景気動向以外の影響も受けていると考えられる。15歳以上65歳未満の生産年齢人口の減少による人口構造の変化に加え、転職サイトやSNSの活用により、ハローワークを利用しない求職者の増加に伴う有効求職者数の減少などが挙げられる。
また完全失業率をみると、2017年は2.8%と1994年以来23年ぶりに2%台を記録している。
近年低下傾向にあるものの、平成初期のバブル景気の時期は2%前半で推移しており、当時と比較すると若干高い水準となっている。

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.