大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-533-8111 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > 「おおいたの経済と経営」最新号

「おおいたの経済と経営」最新号

大銀経済経営研究所では大分の経済動向、景気動向を豊富な統計データや主要企業の活動状況等から分析し、各種調査レポートを月刊誌として毎月発行しております。刻一刻変化する大分の経済動向を毎月皆様にお伝えしています。

2020年10月号 No.361
調査レポート
【30周年記念調査レポート】
大分県の農林水産物を生かした地域ブランド化のあり方

はじめに

地域にある自然や食などの資源の付加価値を高めることを目的に「地域ブランド」を育てる取り組みが全国各地で行われている。「地域ブランド」は、地域イメージや地域資源を活用して稼ぐ力を高め、また中小企業をはじめとする地場産業を育成し地域の雇用や経済循環を活発にする事業と捉えられている。 大分県における地域資源の活用は、全国に先駆けて行われた「一村一品運動(1979~2003年)」まで遡ることができ、その結果生まれた特産品の中には、全国的な知名度を獲得したものもある。全国的に「地域ブランド」という枠組みが拡大した昨今、激化する地域間競争を戦い抜くには、地域資源の活用方法をよく検討する必要がある。

レポート

●【30周年記念調査レポート】 大分県の農林水産物を生かした地域ブランド化のあり方

 

「我が社を語る」

【語り手】株式会社薬秀 薬師寺 秀典 氏

【聞き手】大分銀行法人営業2課 課長 飯田 雄二

「我が社を語る」はこちら

「MY WAY ~私の歩んできた道~」

100人を振り返る
おおいたの時代を切り拓いてきた先人たちの足跡!

「MY WAY」はこちら

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.