会員サイト

HOME

おおいたの経済と経営

おおいたの経済と経営

大銀経済経営研究所では大分の経済動向、景気動向を豊富な統計データや主要企業の活動状況等から分析し、各種調査レポートを月刊誌として毎月発行しております。刻一刻変化する大分の経済動向を毎月皆様にお伝えしています。

「おおいたの経済と経営」最新号

2021年5月号 No.368

大分県のPPP/PFI事業の現状と課題

高度経済成長期に多く建設された公共施設やインフラ施設は老朽化による改築・更新の時期を迎えている。一方、施設を管理する国や地方公共団体は、人口減少や少子高齢化の進行等により厳しい財政状況にあり、公共投資を増加させることは難しい状況となっている。
そのため、公共施設等の整備や維持管理等の事業を行政と民間事業者が連携して実施し、事業者の持つアイデアやノウハウ、資金等を事業に活用する事業手法であるPPP/PFIが注目されている。
こうした中、本レポートでは公共施設等の管理者である県内自治体とPPP/PFI事業に参画経験のある民間事業者へのアンケートやヒアリングを通じて見えてきた、県内におけるPPP/PFI事業の課題や展望について考察する。

INDEX

  • 大分県のPPP/PFI事業の現状と課題
  • 2050年カーボンニュートラルに向けた、大分県における再生可能エネルギーの利用推進
    ―地熱・温泉熱エネルギーを中心に―
  • 九州のSociety5.0企業
CONTACT

お問い合わせ

会員のご入会、経営のご相談やコンサルティングに関するお問い合わせはお気軽にこちらへ。

TEL.097-533-8111

(平日8:35ー17:00/祝祭日を除く)

ページの先頭へ戻る
Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.