大分の経済・地域動向に関する情報発信、調査・研究、経営サポート| 大銀経済経営研究所 DKK

tel.097-546-7770 メールでのお問い合わせ
HOME > おおいたの経済と経営 > MY WAY ~私の歩んできた道~

MY WAY ~私の歩んできた道~

2020年3月号 No.354

-「創造・挑戦・貢献」常に明るく、希望を持てば未来は拓ける-

株式会社NBSロジソル代表取締役会長

十時 康裕(4回シリーズ:その3)

バブル崩壊、わが社最大の危機

1989(平成元)年12月29日に日経平均株価は史上最高値をつけた。しかし私が社長に就任した1990年後半から経済がおかしくなって、バブルが崩壊。それ以降、約15年間デフレ不況が続いた。
私は社長初年度から1992(平成4)年までの3年間連続で「赤字」を出した。景気もどんどん悪くなり、荷物も減った上に、運賃も下がっていった。売上はどんどん下がるのに、人件費等はバブル景気時のままで経費は下がらない。当然、赤字になった。私は人件費をはじめとする様々な経費削減を断行した。社員には申し訳ないと思ったが、厳しい施策を次々と実行していった。3年経過し4年目にやっと黒字に転換することができた。
当時は年間売上が50~60億円あったが、この当時、累積赤字6億円ほどまで出した。わが社最大の危機の状況だった。お取引先のトステム(現LIXIL)の運送の重要な部分を当社が担当していたので、物流部長が東京から本社に来て「経営は大丈夫か」と事情聴取を受けた。大分銀行などの金融機関から資金の融資を受け、経営改善指導も受けた。

■関連情報

株式会社NBSロジソル

nbsnet.co.jp

おおいたの経済と経営

MONTHLY MAGAZINE

研究所について

調査・研究

情報発信

経営サポート

おおいたの経済と経営

会員のご案内

Copyright © Daigin Economic and Management Institute All rights reserved.